債務を大幅に減らすには… | 明日は我が身!借金が返せなくなった時のための、債務整理のお話

明日は我が身!借金が返せなくなった時のための、債務整理のお話

債務を大幅に減らすには…

「債務を大幅に減らすには…」のイメージ画像

個人再生は、債務を大幅に減らすことができる有力な手段のひとつです。
最大だと90パーセントも債務を減らすことができます。これはかなり大きいですよね。
ですが、債務を大きく減らせるというメリットがあるということはそのぶんリスクもあるということです。
個人再生とは何か、そしてその利点と欠点はどのようなものなのか……そのことについて説明していきます。
まず「個人再生」と「任意整理・過払い金請求」には大きな違いがあります。それは裁判所を通すか、通さないかです。
任意整理も過払い金も、裁判所は通さず弁護士などが債権者と交渉するなどして和解のうえ債務を減らしたりできるというものです。
個人再生は以上の二つとは違い、裁判所を通すということを覚悟しなければなりません。そうすると、どうなるかという話ですが。
・官法に掲載される可能性がある
・借り入れが以降5~10年間もできなくなる可能性がある
というデメリットが生じます。自己破産と同様ですが、官法に掲載されるリスクがあるというのは大きいです。
信用情報に響く可能性が十分にあり、できれば避けたい手段ではあると思います。
ですが、自己破産とは違いマイホームや車などの財産などを残したまま、大幅な債務整理が可能です。
デメリットが大きいですが、その分メリットも大きいのが個人再生です。
自己破産ほどではありませんが、最終手段としては有力といえます。